ごはんはおかわり厳禁!

ごはん大好き! 最後の晩餐はただの塩おむすびでも良いってくらい。やっぱり日本人の食卓にはごはんが欠かせない! ……でも、以前書いたように“ごはん抜きダイエット”ってのがあるくらい油断できないものでもあるんですよね。そこで今回のダイエットも残り半分に入ったことだし、前半まずまずだった結果を反省する意味もこめ、ごはんのおかわりを禁止することにしました!

「好きなものを我慢してまでダイエットはしたくないよ!」なんてことを以前言ったかと思うんですが、調べてみると、ごはんの食べすぎは太りやすい以上に怖いリスクがあるみたいなんですよ。それは糖尿病です。何でも白米を食べ過ぎると糖尿病のリスクが高まるなんていう研究結果も出ているみたいなんですよ。怖い……。

詳しい理由までは説明できませんけれども、白米、つまりごはんは糖分を豊富に含んでいます。そして血糖値が上がりやすくなるため、糖尿病になりやすいとか……。事実、白米を主食とするアジア人の糖尿病発症が近年問題となっているともどっかのニュース記事で読んだことあるなぁ……。

とまぁ、ごはんの食べすぎによる怖い将来を不安に思ったため、ダイエットという良い切欠もあることから食べる量を減らそうじゃないかと思い改めたというわけです。

■糖尿病は怖し!
太る太らないってのは、度を過ぎなければ許容範囲なんじゃないかなって思えますけど、糖尿病ともなるとやっぱ考えさせられちゃいます。僕の周りじゃ幸い糖尿病で悩んでいる人はいませんけれども、知人の親であったり友だちといったところでは糖尿病で辛い思いをしてるというのはこれまで耳にしてきました。避けられるものならば避けたい病気です。

ごはんを全く食べない! っていうのもまた色々と体に良くないわけで、当面は大き目のお茶碗一杯(量にして250g位)を1食分にしようと決めました。朝はそれよりも少なめで、200g位かな。後は職場でのお昼のお弁当や外食でいつも「ごはん大盛り」を避けるようにしました。

普通の白米ではなく、玄米にすると糖尿病のリスクはぐんと下がるみたいです。理由としては、玄米には精米によって落とされてしまう部分に糖分の消化吸収を遅らせる栄養成分が豊富に含まれているんだそうです。なので、そっちもいずれはチャレンジしてみようかな? ただ、大麦の時みたいに食感や匂いが駄目で失敗しそうな気がするけど(苦笑)。

10代20代の時なら体型優先でダイエットをしても大きな問題にはつながりにくいんだろうけど、もう30台は後半、40手前ですよ。歳相応の健康を気遣ったダイエットプランも立てなきゃ駄目なんだろうなぁ。「好きなものをたくさん食べても動けばOK!」なんてわけにはもういかないか(苦笑)。