暑い日の運動もダイエットも危険

今日は平日休み! だったんだけど、子どもの少年野球教室で汗をかいてきました。世の学生たちは夏休み中。「平日休みだー!」と喜んだところで子どもは当たり前に1ヶ月以上も学校が休み。いつまで経っても羨ましくてたまんないよ(苦笑)。

しかし今日は異様に暑かった! 全国各地で40度越えが懸念されていたくらいでしたからねぇ~、僕の住む埼玉でも余裕の40度越えを各地で記録したみたいです。僕は暑いのは好き! でも暑い中で運動するのは好きってわけでもないっす。すぐに頭がくらくらしちゃうし、喉も渇いて脱水症状が怖いです。今日も保護者さんが用意してくれたスポーツドリンクや麦茶をがぶ飲みしちゃいました。

さすがの暑さに大人が音を上げたのか、「今日は体育館で練習をしましょう!」と、途中から切り替わりました。子どもたちは大喜び。体育館で練習ってのはつまり、ドッジボールってことだから(笑)。

夏はこういう趣向を凝らせることが多いみたい。体育館でドッジボール以外にも屋内フットサルコートをレンタルしたり、市民プールに行ったりと、暑すぎる日は子どもにも大人にも危険ということで無理をさせないのがこの教室のモットーみたい。

■汗をかけばいいってもんじゃない
これまで見学は何度かしたことがあるけど、コーチを始めてみるとホント楽しい教室だなって分かってきました。僕が小学生の時にもこういう野球教室に通いたかったなぁ……。

僕が小学生の時に通っていた少年野球は、どんなに暑い日だって普通に練習してましたからね~。そりゃたまにバーベキューをやったりキャンプをしたりというイベントはあったけど、辛い時は辛かった。あんまりにも暑い日なんかは友だちと一緒に練習をサボって日陰でこっそりしてたりもした。で、それがバレて鬼コーチにどやされてケツバット。それはそれで楽しい思い出ではあったけど、鬼コーチにはやっぱ怖かった記憶しかないなぁ(笑)。

昔、つまり僕が小学から中学、高校あたりの時代だから20~30年くらい前は暑さが重大な問題になるって頃じゃなかった。でも今は暑さが酷い日には地区放送で「屋外での活動は控えましょう」ってアナウンスされるのが当たり前。会社でも学校でも暑い日には無理をしないが基本。そういえば去年かみさんがバイクの教習を受けてた際も、教習所で暑さ対策の休憩や水分補給なんかが自由だったなぁ。

暑いから休むってのは一見すると怠けっぽいけど、危険を避けるためには必要なことだよね。ダイエットだって汗をかけばいいってもんじゃないし。知ってました? 夏って汗を大量にかくからダイエットに向いてると思われがちですけど、冬の方が体温維持のためにエネルギーが使われるから痩せやすいんですよ~。ダイエットするには冬の方がオススメ!

でも、今僕がダイエットしてるのは真夏だけどねっ!