少年野球のお手伝いでダイエット!

2年前に行ったダイエットは、今思うと結構ヘビーだったかも。早朝か夕方のどっちかには毎日ジョギングしていたし、毎週末は友人とプールやジムにも通ったりもした。食事の方はかみさんが低カロリーを心がけてくれたぐらいだったけど、とにかく体を動かしてたなぁ。

じゃあまた今回もそんな感じで! ……って決められれば一番手っ取り早いんですけどね、仕事での立場が上がったために仕事自体は落ち着いた内容になったものの仕事量は増しちゃいました。なものですから、ダイエットのために1日1時間2時間と割くのは2年前より難しくなりました。

まぁ家族サービスや付き合いを疎かにすれば時間を割けないというわけでも無いんですけどね、それはちょっと面白くないし悪いと思うし。特に家族サービス。お姉ちゃんはもう中3だし自立しはじめてるけど、下の男の子はまだ小3。休みになれば家族で出かけたくてウズウズしてます。だからダイエットを理由に子どもの楽しみを奪ってしまうっていうのは、親としてはやっちゃいけないことだよなぁって僕は思うわけですよ。

でもダイエットはしたい気持ちも山々。ということで、ダイエットと家族サービスを結びつけちゃえばいいじゃん! ってな考えを思いつきました。丁度下の子が参加してる少年野球教室で「コーチをやりませんか?」ってお願いされていたんですよね。これならば家族サービスになるし、思い切り体を動かせるからダイエットにもなる! そして僕は野球が好きだ!

■家族サービスダイエット
野球教室のコーチといっても難しいことはやりません。主に担当するのは小学1年生~4年生の低中学年。彼らにノックをしたり、バッティング練習のボール拾いを任されたりと、言ってしまえば雑用(笑)。本格的な指導は他のちゃんとしたコーチや監督がやってます。

それに元々「野球を楽しもう!」って感じの教室だから、厳しい罵声が飛ぶような感じでは無いので僕が任されてもそんなにプレッシャーになることはありません。もっときっちりとした教室で「優勝するぞ!」と意気込む本気の教室で子どもがしょっちゅう泣きべそをかいてしまうようだったら、僕は無理だったなぁ(苦笑)。ま、そんな所だったらうちの子がそもそも入りたがらなかったと思うけど(笑)。

うちの子は僕と同じ感覚の野球好き。どっちかというと野球をするのはおまけ。他に野球が好きなこと一緒に遊ぶのが好きって感じ。だから僕なんかは野球好きでも中学までしかやらなかったし、子どももそうだと思う。もしかしたら少年野球止まりかもね。

僕や息子の野球に対する姿勢はともかく、野球をやる子どもは好きだし、息子と休日を一緒に過ごせるのだから十分な家族サービスです。週に1日2日の参加でも1日3時間ほど運動するってことはかなりの消費カロリーが期待できます。ダイエットにも好影響なのは間違いないはず!