Monthly archives "11月 2013"

久しぶりのプール

今日は少年野球の練習試合でした。いつもは代理コーチとして練習を手伝ってますけど、今日はサードの塁審役でした。

塁審なんてやるのは20代の時の草野球チームの練習試合以来です。人手が足りないので頼まれてしまったのですが、緊張しまくりでした(苦笑)。最初は三塁なんて滅多にランナーがこないから緊張は少ないだろうって思ってたんですけどね、いざ来ると得点に絡んでくるので責任感は大きい! 自分で選べたからセカンドの塁審にすれば良かったかも。ま、何のトラブルも無く終えられたので良かったですけど。

少年野球教室では練習試合で塁審をやっただけなので、暑さで大汗をかいたという以外は疲れるポイントは無く、また体もほとんど動かしませんでした。なのでダイエット運動的にはかなりの不完全燃焼でした。なので大汗をかいた体をリフレッシュさせる意味もこめて午後は子どもとお友だちを連れて市民プールに行ってきました。

子どもは自由に遊ばせて僕は久しぶりに泳ごうって気持ちだったんですけど、意外や意外、市民プールは家族連れて大賑わい。夏休みも残り数日。みんな遠出を嫌って近場の市民プールに集まっちゃったんだろうなぁ。残念ながら満足に泳ぐことはできませんでした。

■残念な閉館
ただ、高齢者向けの水中ウォークエリアは開いていたので、そっちで体を動かしました。水中ウォーキングの運動量も中々侮れないもんですからね。

今日は満足に泳げませんでしたが、次は平日の仕事終わりの人が少ない時間帯にでも顔を出して泳ごうかと思ったのですが、非常に残念なことにそのプールはあと数日で閉館とのことでした。混んでいたのは残り僅かのプールを地元民が惜しんでってのもあったのかも。閉館の理由はお金的な事情みたいです。今日は凄い混んでましたけど、普段は少ないので施設を維持するのが難しくなってしまったようですね……。

この市民プール、2年前のダイエットの際には非常にお世話になった場所だっただけに僕も残念。料金は安いし、併設の銭湯もあったり飲食施設もあったりと。その気になれば休日1日そこでのんびりなんてのも可能な良いスポットでした。2年前から人は少なめでのんびり泳げるということで、僕みたいな働くお父さんが仕事帰りによく利用してたなぁ……。うーん、実に惜しい!

なんで娘は太らないんだろうなぁ?

いくら食っても太らない! って人が世の中にはいますよね? 有名なのは大食いファイターさん。小林さんとか、白田さんとか、目茶目茶食べるのに体型は細型ですもんね。彼らは人間としての正常機能が何か吹っ飛んでるんじゃないのかな(笑)?

で、ダイエットをしているとそういうタイプの人が凄い羨ましいわけですよ! そして僕のすぐ近くにもそういうタイプの人間がいるんですよね。それはうちの中3の娘です。

娘の1日の食事は1日4食かってくらい、昼間のおやつをたっくさん食べます。朝昼夕と、普通の食事はそれなりに食べるんです。その上でスナック菓子やらチョコ菓子なんかをパクパク食べてます。うちの娘に限っては「お菓子ばっかり食べてると夕食食べられなくなるよ!」っていうのが無いんですよ。

お菓子が大好きになったのは今に始まったわけではなく、もう小学生3、4年生ごろからずっと。今でも「お菓子ばっかり食べて!」ってかみさんがしょっちゅう注意するんですけどね、相変わらずです。うちは寝室で食事をするのを厳禁にしてるんで居間か外で食べてる意外は大丈夫だと思うんですけど、それだけでも結構食べてるって量ですからね。

■太らない体質に憧れちゃう
しかしそれだけ食べているにも関わらず、太らない。若い頃のかみさんに似て華奢な体格です。唯一かみさんと似てないのは食べても太らないってところ。かみさんは食べれば太る(笑)。

健康も今のところ問題なし。肌荒れが酷いとか、虫歯が酷いっていうのは今のところ無いみたい。ただ、そういうせいで危機感を感じてないっていう問題はあるかなぁ。今が大丈夫でも10年後20年後が怖いですもん…… そういう不安を考えると、お腹が空いて何かを口にしたいのであればお菓子じゃなくて健康的なものを食べてもらいたいもんです。

と、お菓子大好きな娘に心配を感じると同時に、全然太らない体質が羨ましくも感じちゃうわけです。体質の違いなんでしょうかねぇ? 逆に食べる量を減らしても全然痩せないって人も稀にいるみたいですもんね。そういう人はもっと羨ましいんだろうな。

食べても食べても太らない遺伝子とか、将来絶対開発されそう。そしたら世の中に太ってる人はどんどんいなくなって、“ダイエット”なんて言葉も死語になっちゃうかもね(笑)!

ごはんはおかわり厳禁!

ごはん大好き! 最後の晩餐はただの塩おむすびでも良いってくらい。やっぱり日本人の食卓にはごはんが欠かせない! ……でも、以前書いたように“ごはん抜きダイエット”ってのがあるくらい油断できないものでもあるんですよね。そこで今回のダイエットも残り半分に入ったことだし、前半まずまずだった結果を反省する意味もこめ、ごはんのおかわりを禁止することにしました!

「好きなものを我慢してまでダイエットはしたくないよ!」なんてことを以前言ったかと思うんですが、調べてみると、ごはんの食べすぎは太りやすい以上に怖いリスクがあるみたいなんですよ。それは糖尿病です。何でも白米を食べ過ぎると糖尿病のリスクが高まるなんていう研究結果も出ているみたいなんですよ。怖い……。

詳しい理由までは説明できませんけれども、白米、つまりごはんは糖分を豊富に含んでいます。そして血糖値が上がりやすくなるため、糖尿病になりやすいとか……。事実、白米を主食とするアジア人の糖尿病発症が近年問題となっているともどっかのニュース記事で読んだことあるなぁ……。

とまぁ、ごはんの食べすぎによる怖い将来を不安に思ったため、ダイエットという良い切欠もあることから食べる量を減らそうじゃないかと思い改めたというわけです。

■糖尿病は怖し!
太る太らないってのは、度を過ぎなければ許容範囲なんじゃないかなって思えますけど、糖尿病ともなるとやっぱ考えさせられちゃいます。僕の周りじゃ幸い糖尿病で悩んでいる人はいませんけれども、知人の親であったり友だちといったところでは糖尿病で辛い思いをしてるというのはこれまで耳にしてきました。避けられるものならば避けたい病気です。

ごはんを全く食べない! っていうのもまた色々と体に良くないわけで、当面は大き目のお茶碗一杯(量にして250g位)を1食分にしようと決めました。朝はそれよりも少なめで、200g位かな。後は職場でのお昼のお弁当や外食でいつも「ごはん大盛り」を避けるようにしました。

普通の白米ではなく、玄米にすると糖尿病のリスクはぐんと下がるみたいです。理由としては、玄米には精米によって落とされてしまう部分に糖分の消化吸収を遅らせる栄養成分が豊富に含まれているんだそうです。なので、そっちもいずれはチャレンジしてみようかな? ただ、大麦の時みたいに食感や匂いが駄目で失敗しそうな気がするけど(苦笑)。

10代20代の時なら体型優先でダイエットをしても大きな問題にはつながりにくいんだろうけど、もう30台は後半、40手前ですよ。歳相応の健康を気遣ったダイエットプランも立てなきゃ駄目なんだろうなぁ。「好きなものをたくさん食べても動けばOK!」なんてわけにはもういかないか(苦笑)。

1ヶ月目の成果は…まずまず!

気が付けばダイエットをはじめてから1ヶ月が経ちました。2ヶ月で6kgという目標こそ立てていましたが、時間や体重の減りを逐一気にすることなく暮らしていたので1ヶ月終えたという中間地点を忘れるところでした。

体重の変化は、ダイエット開始前から比べて約2.5kg減りました。2ヶ月で6kgという計算では1ヶ月に3kg落とさなければいけませんので、目標という観点から見ると残念な結果です。ですが、絶対的な目標ではないのでまずまずの結果ではないかと自分では思っています。体力は付いたし、見た目にはまだまだこれからって感じですけど体重はしっかりと落ちていることですし。ちなみに体脂肪もちゃんと落ちてます。

1ヶ月間のダイエットの反省点としては、食事かな? 僕は2年前のダイエットを機にお酒もタバコも量を減らしたんですけど、お酒の方がまた頻繁に口にするようになり、おつまみもよく食べるようになりました。なるべくローカロリーなおつまみを心がけてはいるんですけど、僕はピーナッツが大好きなのでしょっちゅう食べてしまいます。バターピーナッツでもあれば50gで約300kcalと非常に高カロリーなおつまみとなってしまいます。家飲みの際はついピーナッツに手が伸びるのを防がないと駄目だなって思います。

■ダイエットも折り返し
目標をクリアするためには残りの1ヶ月で3.5kgを落とさなければいけないのですが、それはあまり意識せずにダイエットに励もうと思います。プレッシャーは好きですけど、ダイエットでのプレッシャーはストレスにしかならないので僕は嫌ですから(笑)。

でも1ヶ月目の反省点はしっかりと踏まえて改善はしないとなと思います。先述したようにピーナッツを控え、そもそもの家飲みもしばらくは控えようかと思います。真夏のビールをどれだけ我慢できるか望み薄ではありますが、可能な限りがんばります(苦笑)。

運動関係は引き続きって感じですね。ただ、あと1週間ちょっとで子どもの夏休みが終わってしまうので一緒に朝ジョギングができなくなっちゃうんですよね。子どもは「学校始まったら朝ジョギングはしんどいかも!」って言ってますから。それはそれで仕方ないので無理に一緒に走ろうとは言えません。野球教室でのコーチの方は日曜日なので、これからも続けられます。

問題は1人で朝ジョギングできるかってところですね。1人だと続かないと思うんだよなぁ(苦笑)。対策としては夕方に子どもと走ったりキャッチボールしたりだけど、僕の帰りはいつも夕食ギリギリだから遊ぶのは難しい。昔みたいにプールやジムっていう手もあるけど、結局は休日か週末ぐらいしかいけないし。やっぱり朝のジョギングを1人でがんばるっきゃないかなぁ?

かみさん指摘の僕の悪い食べ方

食事の時にこれまで何度もかみさんに指摘されてきました。「ごはんを食べすぎ!」って。そうなんですよねぇ、僕はどんぶり飯は当たり前、その上おかわりだって当たり前の“白米好き”なんですよ。

白米好きの何がいけないかって、食費がかかるからってわけじゃありませんよ。うちはそこまで貧乏じゃありません。そりゃお金持ちって程ではないけど世間一般水準だとは思うし、僕とかみさんが1台ずつバイクを所有してるくらいだし、2人の子どもが今後大学に行きたいって言ってもお金はあるし…… って、そんなことはどうでもいいことか(笑)。白米好きがいけない点は、太りやすい食事だからです。

僕がことあるごとに太ってしまう理由の隠れた理由は、この白米好きなんじゃないかってくらい。ごはんは100gで168kcal。僕は毎日どんぶり飯で食べているので、おおよそ1杯で250gくらい。おかわりもよくするので多い時は1食のごはんだけで500g。カロリー数はなんと840kcal! 一食分のごはんだけでこれです! こんなごはんの食べ方を1日数回も繰り返しては1日の目安とされる約2500kcalなんてあっという間です(苦笑)。ファーストフードやら外食なんかが高カロリーと言われてますけど、白米も意外とダイエットには大敵な存在なんですよ。

■好きなものは好き
そんなことは前回(2年前)のダイエットで学んではいたんですけどね、ごはんを食べる量を控えるのは一番大変でした。正直いうと、これだけは挫折しました。大好きなごはんを食べられないとストレス溜まっちゃって(苦笑)。

自分なりに努力はしたんですよ? 例えばかみさんの小さいお茶碗を使ってみたりしました。男性用が150gが平気であるのに対して女性用のお茶碗は110g。どんぶりから比べたら半分以下です。これで慣れてしまえば1食のカロリー摂取を大幅に減らすことができます。でもまぁ上手いこといくわけが無く、少なすぎるごはんの量に2、3日で我慢できなくなりました。

麦飯という手も使ってみました。大麦は米に比べてカロリーが控えめなので混ぜて食べるとダイエットに良いみたいなんです。おまけに歯ごたえがあるのでよく噛む必要があり、そのお陰で食事がゆっくりとなって摂取量を減らせる…… みたいなんですけど、プチプチした食感と独特のにおいが慣れずに1回試してお仕舞いでした。

今回のダイエットでもかみさんにごはんの食べすぎを指摘されているのですが、前回はごはんをお腹いっぱい食べてても痩せられたんだし、今回も大丈夫だろうと山を貼ってます。「ダイエット意思が弱いなぁ」なんて思われる方もいるかも知れませんけど、辛くてダイエットそのものが頓挫しちゃうかもしれないリスクを背負ってまでごはんは我慢したくないんですよ、僕は。