Monthly archives "10月 2013"

1日3時間のコーチも慣れてきたなぁ

週末は土日連続で少年野球のコーチをやってきました。本当は土曜日は休日出勤だったんですけど、「あんまり忙しくないから休んでもいいよ」ってことになったのでした。お陰で2日連続思いっきり体を動かせました。

で、休みが明けた今日は疲れが貯まって悪影響がでるかと思っていたんですけども、筋肉痛も無ければ朝の倦怠感も無し。意外にも疲れは残ってませんでした。むしろスッキリとした目覚めで、子どもと元気に朝のジョギングにも行けました。これまではコーチの翌日は決まって朝起きれずにジョギングはできなかったのに。

「慣れてきたんだなぁ」。そう感じます。まだコーチを始めて5回ほどですけど、思いっきり走ったりノックをしたり、遠投したりしても体の何処かが異様に辛いという場面はなくなりました。もちろん無茶をすれば体が悲鳴を上げちゃうとはおもいますけどね、無茶をしなければ大丈夫です。

思いのほか慣れるのが早かったなぁと思えるのは、やっぱり子どもとの朝ジョギングのお陰でしょうね。毎日というのはちょっと無理ということで2日走っては1日休むというペースが定着化しましたが、それでも十分な運動量になってるはずです。

■体力が付くとダイエットが楽しくなる!
体重計に乗ってみると確実に数値が落ちてきていますが、見た目的にはどうでしょうね? まだ誰からも「痩せたね」とは言われていないので変化は少ないかも。なので痩せてきたという実感はまだいまひとつなんですけど体力に関してはダイエット開始、つまりは野球教室のコーチをはじめる前と比べたら大きく身に付きました。

昨日の日曜日なんかは、9時から12時までの3時間の野球練習の後に監督やコーチ集、保護者のお父さん方が集まって草むしりを行いましたし、その後に休憩を挟んで草野球も軽く楽しみました。それくらい体力が付いたって証拠です。しかも先に書いたように、翌日の今日に疲れは残しませんでした。

体力が付いてくるとダイエットはどんどん楽しくなるんですよね。前回もそんな感じでダイエットペースをあげていったっけ。体力が付くと疲れにくくなる分、どんどん動きたくなります。特に太ってだらけていた時というのは疲れやすくて動きたくなかったというのがストレスとして蓄積されていますから、少しでも動けるようになると嬉しくて楽しくて仕方なくなるんですよ。

知り合いに去年から今年にかけて110kgから85kgまで痩せた人がいるんですけど、彼もそんな感じでした。彼は歩くことが精一杯だったのに少しずつペースが上がることが楽しくなっちゃってどんどん痩せてしまったタイプです。ちなみに彼はいまだに体重が落ち続けています。

子どもの運動力って凄いなぁ

少年野球のコーチをはじめて思ったのは、子どものウン動力の凄さってのが一番ですね。小学生くらいでも、僕みたいなダイエットが必要な大人と比べたらどっちの方が運動能力に優れるかってなれば、正直負けちゃう子がチームには何人もいます。

思い返してみると、僕が小学生の時は逆の立場だったんだよなぁ。僕が少年野球をやっていた頃も、チームの子のお父さんがコーチを頼まれて参加していました。中にはいかにも運動不足っていう感じの太っちょお父さんもいて、野球は好きなんだけどからっきし動けないってのもいました。そんなものだから、言うことにも説得力が無かったりしてみんな真面目に話を聞かなかったりもしました。

僕はまぁ、コーチをしているといっても手伝い程度だし、口うるさく言うのは好きじゃないから子ども目線で楽しんでやってます。だからチームの子も積極的に接してきてくれます。幸い、そういう交流は僕も好きだから全然嫌じゃない。

でも、子どもの運動力と自分の運動力を比べて自分が劣っているとなると、情けないとは確かに感じちゃいます。だって子どもの頃は一時とはいえ「プロ野球選手が将来の夢!」という時期があったんですからねぇ。まさか30も後半になってダイエットに必至になっているとは当時想像もしませんでしたよ(苦笑)。

■体が軽くなったら
子どもが元気で活発で運動が得意なのって、一番は体重の差なんじゃないかと僕は思います。だから僕も体重を落とせば小学生の頃みたいにというのは無理にせよ、体を動かすことが楽しくなるくらいにはなるはずだと思うんですよね。

今はほんとダイエットという切欠でもなければ体を動かさなければと思うことも無い状態ですけど、昔はスポーツが大好きだったんですよ。高校から大学にかけてはサーフィンをに熱中してたし、大学からはスノボと草野球もはじめました。でも20代中盤になって今のかみさんとの結婚を考えるようになり、趣味を減らさなきゃとなり、サーフィンもスノボもやめちゃいました。草野球はしばらく続けましたが、そのうちやらなくなりました。

それで結婚してからは仕事に子育て、今はようやく余裕ができてきて一番の趣味だったバイクでのツーリングもちょいちょい楽しめるようになったけど、運動って機会には恵まれず。サーフィンやスノボの友だちもみんな疎遠になっちゃったからなぁ。

でも、ダイエットを必要とするくらいに健康を気にするようになって思うようになったのは、体を動かす趣味を持つことって素晴らしいだろうなってこと。だから今回のダイエットが成功して体が軽くなったら、またサーフィンかスノボ、草野球でもまたやりたいもんですねぇ。体が軽くなれば絶対に昔みたいにスポーツを楽しみたくなるはずですから。

暑い日の運動もダイエットも危険

今日は平日休み! だったんだけど、子どもの少年野球教室で汗をかいてきました。世の学生たちは夏休み中。「平日休みだー!」と喜んだところで子どもは当たり前に1ヶ月以上も学校が休み。いつまで経っても羨ましくてたまんないよ(苦笑)。

しかし今日は異様に暑かった! 全国各地で40度越えが懸念されていたくらいでしたからねぇ~、僕の住む埼玉でも余裕の40度越えを各地で記録したみたいです。僕は暑いのは好き! でも暑い中で運動するのは好きってわけでもないっす。すぐに頭がくらくらしちゃうし、喉も渇いて脱水症状が怖いです。今日も保護者さんが用意してくれたスポーツドリンクや麦茶をがぶ飲みしちゃいました。

さすがの暑さに大人が音を上げたのか、「今日は体育館で練習をしましょう!」と、途中から切り替わりました。子どもたちは大喜び。体育館で練習ってのはつまり、ドッジボールってことだから(笑)。

夏はこういう趣向を凝らせることが多いみたい。体育館でドッジボール以外にも屋内フットサルコートをレンタルしたり、市民プールに行ったりと、暑すぎる日は子どもにも大人にも危険ということで無理をさせないのがこの教室のモットーみたい。

■汗をかけばいいってもんじゃない
これまで見学は何度かしたことがあるけど、コーチを始めてみるとホント楽しい教室だなって分かってきました。僕が小学生の時にもこういう野球教室に通いたかったなぁ……。

僕が小学生の時に通っていた少年野球は、どんなに暑い日だって普通に練習してましたからね~。そりゃたまにバーベキューをやったりキャンプをしたりというイベントはあったけど、辛い時は辛かった。あんまりにも暑い日なんかは友だちと一緒に練習をサボって日陰でこっそりしてたりもした。で、それがバレて鬼コーチにどやされてケツバット。それはそれで楽しい思い出ではあったけど、鬼コーチにはやっぱ怖かった記憶しかないなぁ(笑)。

昔、つまり僕が小学から中学、高校あたりの時代だから20~30年くらい前は暑さが重大な問題になるって頃じゃなかった。でも今は暑さが酷い日には地区放送で「屋外での活動は控えましょう」ってアナウンスされるのが当たり前。会社でも学校でも暑い日には無理をしないが基本。そういえば去年かみさんがバイクの教習を受けてた際も、教習所で暑さ対策の休憩や水分補給なんかが自由だったなぁ。

暑いから休むってのは一見すると怠けっぽいけど、危険を避けるためには必要なことだよね。ダイエットだって汗をかけばいいってもんじゃないし。知ってました? 夏って汗を大量にかくからダイエットに向いてると思われがちですけど、冬の方が体温維持のためにエネルギーが使われるから痩せやすいんですよ~。ダイエットするには冬の方がオススメ!

でも、今僕がダイエットしてるのは真夏だけどねっ!

ダイエットは目標が必要だよねっ!

今日は2回目の少年野球教室コーチの日でした。1週間前の前回は張り切りすぎて手痛い目に合いましたからね、今日は反省も踏まえて挑みました。とはいえ、終わってみればくったくたに疲れてしまいましたけど(苦笑)。

ただ、前回と比べたらダッシュした後に酷く膝が笑っちゃうほどのことはありませんでした。数日前から子どもと朝ジョギングをはじめたおかげかなぁ? 長らく運動不足だった体が動くことに慣れてきたって証拠かも。ただし依然として蓄えられた脂肪というウエイトのせいで重々しい動きですけどね。そりゃ、さすがに1週間でダイエットの成果が現れるほどのヘビーな行いはしていませんから。

でも世の中には凄いダイエット成功者もいるもんですよねぇ。1週間で5kgだとか、1ヶ月で10kgだとか。「そんなに早く痩せて問題ないの!?」って思っちゃいます。ま、問題はあるみたいですけどね(笑)。いわゆるリバウンドしたり健康を害するのは早期に急いで痩せようとした結果がほとんど。だから僕は前回のダイエットでは無理の無い範囲で運動をがんばっていたし、今回もそれを目安にして無理の無いようのんびり痩せるつもりです。

■2ヶ月で6kg落とすぞ!
と、さすがに前回のダイエットで色々勉強したので今回のダイエットプランはばっちり。でも、肝心の目標を決めていなかったなぁ。ダイエットを成功させるためには気持ちを高めることが必要で、気持ちを高めるには目標が必要なのだ。

今回はそうだなぁ…… とりあえずは70kg台を切ること。これが第一目標だ。前回の野球コーチ参加前の体重が76kg。なのでとりあえずは6kgを落とそう。それでBMI値的には25前後になります。標準と肥満のちょうど境目あたり。ここまで落とせれば十分かなって思う。そりゃ、もっと細くなりたい気持ちはあるっちゃありますけど、そしたらダイエットは大変になっちゃいますからね。大変になれば楽しくないし、楽しくなければ僕はやりたくない!

それからダイエット期間。1ヶ月で6kgはちょっと無謀だなぁ……。コーチ初日がダイエット開始日とするともう1週間過ぎてるし、体重はまだ1kgも落ちてない。残りの日数で達成するのは無理難題。3ヶ月なら無理ないだろうけど、それじゃ甘すぎる気がするから2ヶ月かな? 1ヶ月3kgのダイエットで2ヶ月間。2ヶ月間で6kg落ちれば良いし、プラス1、2kg落ちればなお良し。

いよっし! がんばれ、おれ!

子どもと一緒に公園ジョギング

朝に体を動かすってのは健康に良いってみんな言いますよね~。ダイエットにも有効らしいっすよ。朝は脂肪燃焼率が高いとか。あと今の時期みたいに夏場ってのは日中夕方は暑いですからね、涼しい早朝が走りやすいんですよ。

なんで急にそんなことを話したかっていうと、3日前から子どもと早朝ジョギングをするようになったんですよ。自宅すぐ近くにある公園に行き、毎朝走るようになりました。といっても気持ちよく駆けるのは子どもだけ。僕はゆっくりのんびり走ってるだけです。それでも30分も走れば十分な運動でしょう。

子どもが夜更かしして困るってのは多いけど、うちの小3の息子は早寝早起きなんですよね~。夜は早いと20時には布団に入っちゃいます。で、起きるのは朝4時くらい。いつもは早起きしたら居間でゲームをしたりマンガを読んだりしてるみたいですが、僕がダイエットでジョギングでもしようかというのを耳にしたらしく「朝走ろうよ!」と誘ってきたのでした。

しかしそんな誘いをするなんてびっくりでしたよ。普通に考えれば野球のトレーニングで走ろうと言い出したんだと思うけど、まさか僕のダイエットに協力しようと気を使うような子でもないしね(笑)。まぁそれともあれかな? 最近僕の愛読書である「スラムダンク」を読み始めてスポーツ根性に感化されたとか? だとしたらそのうちバスケやりたいとか言い出すかも(笑)。

■早起きするのは辛いけど
息子の本音はさだかではないですけど、子どもが一緒に走ってくれるというのは僕としては嬉しい限りです。今日だって眠くて仕方が無かったところを朝5時30分に叩き起こされましたからね。自分1人で「朝ジョギングするぞ!」というのだったら今日みたいにだるい日は十中八九、怠けていましたもん。

朝ジョギングは前のダイエットでもやってました。でも前は仕事が10時出勤だったから走っていたの7時半くらい。なのでそんなに辛くはなかったけど、今は出勤時間が9時になりましたからね~。ジョギングの時間もその分早まって6時台じゃないと仕事に間に合いません。だいたい5時半に起こされはじめてベットから出られるのは6時ちょっと前。歯を磨いて顔を洗って着替え、外に出るって感じです。1時間ほどスケジュールが早まるだけで辛いもんです。

寝るのも1時間ほど早めればいいじゃないかって理屈はあるんですけどね、実際はそうもいかないもんです。早く寝て5時6時に眼が覚めてもまだまだ寝られるって余裕があるもんだからつい寝ちゃうんです。だって2度寝って滅茶苦茶気持ち良いんだもん(笑)。

とりあえずは今週はずっと朝ジョギングを続け、以降もがんばっていきたいところだけど、それはまたおいおい決めるとしましょう。続ければダイエットの力になるのは確かなんですけど、嫌々走るのはちょっと気が進みませんし。ただ、せっかく子どもが張り切って「走ろう!」って言ってくれてるんだから、少しくらい辛くてもがんばらなきゃな~。