Monthly archives "9月 2013"

少年野球のお手伝いでダイエット!

2年前に行ったダイエットは、今思うと結構ヘビーだったかも。早朝か夕方のどっちかには毎日ジョギングしていたし、毎週末は友人とプールやジムにも通ったりもした。食事の方はかみさんが低カロリーを心がけてくれたぐらいだったけど、とにかく体を動かしてたなぁ。

じゃあまた今回もそんな感じで! ……って決められれば一番手っ取り早いんですけどね、仕事での立場が上がったために仕事自体は落ち着いた内容になったものの仕事量は増しちゃいました。なものですから、ダイエットのために1日1時間2時間と割くのは2年前より難しくなりました。

まぁ家族サービスや付き合いを疎かにすれば時間を割けないというわけでも無いんですけどね、それはちょっと面白くないし悪いと思うし。特に家族サービス。お姉ちゃんはもう中3だし自立しはじめてるけど、下の男の子はまだ小3。休みになれば家族で出かけたくてウズウズしてます。だからダイエットを理由に子どもの楽しみを奪ってしまうっていうのは、親としてはやっちゃいけないことだよなぁって僕は思うわけですよ。

でもダイエットはしたい気持ちも山々。ということで、ダイエットと家族サービスを結びつけちゃえばいいじゃん! ってな考えを思いつきました。丁度下の子が参加してる少年野球教室で「コーチをやりませんか?」ってお願いされていたんですよね。これならば家族サービスになるし、思い切り体を動かせるからダイエットにもなる! そして僕は野球が好きだ!

■家族サービスダイエット
野球教室のコーチといっても難しいことはやりません。主に担当するのは小学1年生~4年生の低中学年。彼らにノックをしたり、バッティング練習のボール拾いを任されたりと、言ってしまえば雑用(笑)。本格的な指導は他のちゃんとしたコーチや監督がやってます。

それに元々「野球を楽しもう!」って感じの教室だから、厳しい罵声が飛ぶような感じでは無いので僕が任されてもそんなにプレッシャーになることはありません。もっときっちりとした教室で「優勝するぞ!」と意気込む本気の教室で子どもがしょっちゅう泣きべそをかいてしまうようだったら、僕は無理だったなぁ(苦笑)。ま、そんな所だったらうちの子がそもそも入りたがらなかったと思うけど(笑)。

うちの子は僕と同じ感覚の野球好き。どっちかというと野球をするのはおまけ。他に野球が好きなこと一緒に遊ぶのが好きって感じ。だから僕なんかは野球好きでも中学までしかやらなかったし、子どももそうだと思う。もしかしたら少年野球止まりかもね。

僕や息子の野球に対する姿勢はともかく、野球をやる子どもは好きだし、息子と休日を一緒に過ごせるのだから十分な家族サービスです。週に1日2日の参加でも1日3時間ほど運動するってことはかなりの消費カロリーが期待できます。ダイエットにも好影響なのは間違いないはず!

また太って来ちゃったなぁ…

約2年くらい前のことです。ダイエットで痩せたことがあったんですけど、気がついたらまた太っちゃった(苦笑)。同じ過ちを犯すなんて、ほんと愚かだなぁ(泣)。

リバウンドなんていう、たいそうなもんじゃありませんね、多分。また自分に甘えが出ちゃって気がついたら悪い食生活に運動不足、それでまた体に脂肪がじわじわと蓄積されちゃったって感じです。ダイエット成功した時は「もう太らないようにするぞ!」って誓ったのになぁ…… まったく軟い誓いだったみたいですな(汗)。

言い訳にするつもりは無いんですけどね、ここ数年の生活環境の変化もまた太ってしまった原因ではあると思うんです。ここ2年で色々変わったけど、太った原因に大きな理由としては、「動く仕事が減った」ことと、「膝を怪我して体を動かせない時期がしばらくあった」こと。この2つですね。

動く仕事が減ったというのは、出世したってことで良いことではあるんですけどね。相変わらず現場仕事ですけど、やることは監督作業的なことが圧倒的に多くなりましたよ。正直かな~り楽になりました(笑)。でもまぁ、精神的疲労はちょっと増えちゃったけど。

■またダイエットしようじゃないか
この精神的疲労ってのが、また太った理由にも当てはまるでしょうね。僕のストレス解消にはバイクでのツーリングが一番なんですが、さっき上で書いたように膝を痛めて半年位バイクを控えていた時期があったんです。なので溜まったストレスは食に向いちゃったというわけです。

体を動かすことが少なくなって暴飲暴食をすれば、人間太るなんてあっという間ですよほんと。ダイエット成功した際は体重68kgまで落ちていたのに(ちなみに身長は166cm。結構小さい方でしょ)、2年経った今は体重76kg! BMI値的には立派な肥満体重です。そんなに筋肉質ってわけじゃないので、ついているのはおおむね脂肪。体脂肪も結構やばいっす……。

で、まぁ再びダイエットをしようじゃないかと考えはじめるようになったのでした。前にダイエットをした時は、はじめる時に重い腰を上げられさえすれば、後はそんなにつまづくことなく行うことができました。ですから今回も、「億劫だなぁ、ダイエット」なんて思ってるのは最初だけ。はじめちゃえば大丈夫! また痩せられるさ!

そして今度痩せたらもう太らないようにしないとなぁ~。気がつけばもうすぐ40代に突入ってところまで来てますからね。体型どうこうって理由よりも健康を考えて生活を安定させないと。太ってると病気も怪我もリスク高いですからね~。

いろいろある、腹筋ローラー使い方

腹筋ローラーの使い方は簡単。手に持った腹筋ローラーをただ前後に転がすだけ。猿でも出来るエクササイズグッズなのだ。

名前が腹筋ローラーというものだから腹筋が鍛えられるのはもちろん、そのほかの部位も鍛えることができる。上半身を満遍なく鍛えられるが、僕が腹筋ローラーダイエットで実際に使ってみて「ここが効く!」と感じたのは大胸筋と背筋、それから上腕三頭筋だ。大胸筋が鍛えられればたるんだ胸が引き締まる。女性ならバストアップの効果がありそうだね。上腕三頭筋は二の腕のシェイプアップになる。

腹筋は面積が多く、普通の腹筋運動では全体満遍なく鍛えるのが難しいのだが、腹筋ローラーなら比較的満遍なく鍛えられる。特に下腹辺りの腹筋がよく鍛えられた。単にその部位の筋肉が低下気味だったからかも知れないけど。

ただ、腹斜筋(横腹の筋肉)はあんまり鍛えられないかな? 転がし方を工夫すれば鍛えられそうだけど。なので、横腹を引き締めたい場合はちょっと工夫したやり方を探してみると良いかも。

■負荷は自分で調整
腹筋ローラーの良さは転がし方で負荷を簡単に調整できるところにもある。辛ければやり方を調整すれば誰でも無理なくできるってことだ。

究極は多分立った状態から腹筋ローラーを転がす方法なのだが、これはかなりきつい。男性でも1回すらできないという人もいておかしくは無いくらい。前に転がすことはできても足元に戻ってくることが出来ないのだ。ダイエット目的の人は体重が多いだろうから、そのせいもあるかも。痩せてても筋力が無ければやっぱりできない。

ダイエットで腹筋ローラーを使うなら、まずは地面に膝を付いた状態で転がすのが一番。この状態でどれだけローラーを前に転がすかでも負荷が変わってくる。奥に転がすほど戻るときに辛くなり回数が多く出来ない。手前に近いほど楽なので回数を増やせる。あんまり近すぎても腹筋を鍛えられないから、程よく辛く感じるところまで負荷を調整、つまり前にローラーを転がすようにするといいかも。

腹筋ローラーには種類がいくつかあるけど、基本は前に転がすのが基本。ものによっては片手に一個ずつローラーを持って左右にも転がせるようなタイプもあるみたい。これ、ちょっと気になるなぁ……。

大切よ、ジョギングしっかりやらなくちゃ

以前も書いたと思うんだけど、ダイエットの基本は有酸素運動。筋トレもダイエットには必要だけど、最も注力すべくは有酸素運動で間違いないと思う。

腹筋ローラーを調べていたら、「ダイエットには向かないよ!」という意見が多数出てきたのだ。その理由は「筋肉が付くけど脂肪は落ちないから」というのが多かった。筋肉は確かにつくものの、その上にある脂肪はそのままなので余計に太くなってしまうという意見すらあった。

それは確かに納得の意見でもあった。僕も1ヶ月間腹筋ローラーを使ったことで明らかに腹筋が発達した。でも脂肪が残っていたとしたら、前より太くなっていたはずだ。ジョギングで有酸素運動を行っていたから脂肪もちゃんと落とすことができたのだろう。つまるところ、痩せるという意味をお腹を細くするという意味として捉えた場合、腹筋ローラーだけじゃなくて有酸素運動も同時に行えば痩せられるってことなのだ。腹筋ローラーだけでは、痩せられないかもしれない。

そういうことをダイエット前に調べていたので、僕は有酸素運動(ジョギング)も腹筋ローラーと同時に続けていたのだった。腹筋ローラーは筋肉痛で数日休むことはあったが、ジョギングは毎日欠かさず続けた。筋肉痛が酷い日はウォーキングに近い遅~いジョギングだったが(苦笑)。

■腹筋ローラーダイエットの正しい方法
まとめ。腹筋ローラーでお腹を痩せたいという人はジョギングもしよう。ジョギングじゃなくても有酸素運動なら何でもOK。ルームランナーやエアロバイク、プール。ウォーキングはちょっと消費カロリーが少ないから短期決戦ダイエットには向かないかも。

ダイエット量の目安としては、腹筋ローラーとジョギングを合わせて1日1時間位確保できればまずまずだと思う。僕も大体これくらいの量だった。もちろんこれ以上の時間を確保しても良いけど、腹筋ローラーの時間を増やすんじゃなくてジョギングの時間を増やそう。筋トレは長時間やるほど良いわけじゃないからね。セット数を守って継続することが重要。

まぁ、後は食事にも当然注意が必要だよね。動いた分大量に食べていては意味無し。動いても食事量を増やさ無いようにするだけでも良いけど、一度食事の栄養バランスやカロリーを調べて食べる量を調整してみた方が利口だろうね。そうすればダイエットを機に食生活も改善できるし。僕は前から栄養バランスを考えた食生活をしていたのでダイエット生活中の食事はいつもどおりだった。ただ、お腹の減りを通常以上に感じるようになったのを我慢するのは少し大変だった。