Results for category "ダイエット"

いろいろある、腹筋ローラー使い方

腹筋ローラーの使い方は簡単。手に持った腹筋ローラーをただ前後に転がすだけ。猿でも出来るエクササイズグッズなのだ。

名前が腹筋ローラーというものだから腹筋が鍛えられるのはもちろん、そのほかの部位も鍛えることができる。上半身を満遍なく鍛えられるが、僕が腹筋ローラーダイエットで実際に使ってみて「ここが効く!」と感じたのは大胸筋と背筋、それから上腕三頭筋だ。大胸筋が鍛えられればたるんだ胸が引き締まる。女性ならバストアップの効果がありそうだね。上腕三頭筋は二の腕のシェイプアップになる。

腹筋は面積が多く、普通の腹筋運動では全体満遍なく鍛えるのが難しいのだが、腹筋ローラーなら比較的満遍なく鍛えられる。特に下腹辺りの腹筋がよく鍛えられた。単にその部位の筋肉が低下気味だったからかも知れないけど。

ただ、腹斜筋(横腹の筋肉)はあんまり鍛えられないかな? 転がし方を工夫すれば鍛えられそうだけど。なので、横腹を引き締めたい場合はちょっと工夫したやり方を探してみると良いかも。

■負荷は自分で調整
腹筋ローラーの良さは転がし方で負荷を簡単に調整できるところにもある。辛ければやり方を調整すれば誰でも無理なくできるってことだ。

究極は多分立った状態から腹筋ローラーを転がす方法なのだが、これはかなりきつい。男性でも1回すらできないという人もいておかしくは無いくらい。前に転がすことはできても足元に戻ってくることが出来ないのだ。ダイエット目的の人は体重が多いだろうから、そのせいもあるかも。痩せてても筋力が無ければやっぱりできない。

ダイエットで腹筋ローラーを使うなら、まずは地面に膝を付いた状態で転がすのが一番。この状態でどれだけローラーを前に転がすかでも負荷が変わってくる。奥に転がすほど戻るときに辛くなり回数が多く出来ない。手前に近いほど楽なので回数を増やせる。あんまり近すぎても腹筋を鍛えられないから、程よく辛く感じるところまで負荷を調整、つまり前にローラーを転がすようにするといいかも。

腹筋ローラーには種類がいくつかあるけど、基本は前に転がすのが基本。ものによっては片手に一個ずつローラーを持って左右にも転がせるようなタイプもあるみたい。これ、ちょっと気になるなぁ……。

大切よ、ジョギングしっかりやらなくちゃ

以前も書いたと思うんだけど、ダイエットの基本は有酸素運動。筋トレもダイエットには必要だけど、最も注力すべくは有酸素運動で間違いないと思う。

腹筋ローラーを調べていたら、「ダイエットには向かないよ!」という意見が多数出てきたのだ。その理由は「筋肉が付くけど脂肪は落ちないから」というのが多かった。筋肉は確かにつくものの、その上にある脂肪はそのままなので余計に太くなってしまうという意見すらあった。

それは確かに納得の意見でもあった。僕も1ヶ月間腹筋ローラーを使ったことで明らかに腹筋が発達した。でも脂肪が残っていたとしたら、前より太くなっていたはずだ。ジョギングで有酸素運動を行っていたから脂肪もちゃんと落とすことができたのだろう。つまるところ、痩せるという意味をお腹を細くするという意味として捉えた場合、腹筋ローラーだけじゃなくて有酸素運動も同時に行えば痩せられるってことなのだ。腹筋ローラーだけでは、痩せられないかもしれない。

そういうことをダイエット前に調べていたので、僕は有酸素運動(ジョギング)も腹筋ローラーと同時に続けていたのだった。腹筋ローラーは筋肉痛で数日休むことはあったが、ジョギングは毎日欠かさず続けた。筋肉痛が酷い日はウォーキングに近い遅~いジョギングだったが(苦笑)。

■腹筋ローラーダイエットの正しい方法
まとめ。腹筋ローラーでお腹を痩せたいという人はジョギングもしよう。ジョギングじゃなくても有酸素運動なら何でもOK。ルームランナーやエアロバイク、プール。ウォーキングはちょっと消費カロリーが少ないから短期決戦ダイエットには向かないかも。

ダイエット量の目安としては、腹筋ローラーとジョギングを合わせて1日1時間位確保できればまずまずだと思う。僕も大体これくらいの量だった。もちろんこれ以上の時間を確保しても良いけど、腹筋ローラーの時間を増やすんじゃなくてジョギングの時間を増やそう。筋トレは長時間やるほど良いわけじゃないからね。セット数を守って継続することが重要。

まぁ、後は食事にも当然注意が必要だよね。動いた分大量に食べていては意味無し。動いても食事量を増やさ無いようにするだけでも良いけど、一度食事の栄養バランスやカロリーを調べて食べる量を調整してみた方が利口だろうね。そうすればダイエットを機に食生活も改善できるし。僕は前から栄養バランスを考えた食生活をしていたのでダイエット生活中の食事はいつもどおりだった。ただ、お腹の減りを通常以上に感じるようになったのを我慢するのは少し大変だった。