Results for category "未分類"

2ヶ月目の成果は…目標達成!

とりあえずのダイエット期間として設定していました2ヶ月が終了しました。気になる体重の減少量は、2ヶ月で6.2kg。ダイエット開始前の76kgから69.8kgへ。BMI値的には25.3。ほんのちょっぴり肥満体質ってところまでになりました! 2ヶ月で6kg落とすという目標は達成です!

1ヶ月を終えた中間経過では2.5kg減ということで折り返し地点を過ぎた時点では遅れが出ていたのですが、後半線で見事に巻き返すことができました。残り1ヶ月で3.7kgも落とせたのは個人的には驚きでした。てっきり目標達成は無理だろうなと考え、結果は気にしていませんでした。なので2ヶ月を終えて久しぶりに体重計に乗ったらびっくりでしたよ。

後半線で一番有効となったのはなんだろうなぁ? 運動は子どもの少年野球教室のコーチに朝のジョギング。基本的にはこれだけ。運動量は増えたかもしれないけど、運動時間はそう変わってないはず。じゃあ食事はというと、ごはんを減らしました。いつもはどんぶり飯にさらにおかわりが当たり前でしたが、ここ約1ヶ月の間は“ごはんお代わり禁止”を徹底してきました。その結果、かみさんに「今月はお米の消費が少ない!」って喜ばれもしました。きっとこのごはんを減らしたというのが一番大きかったんじゃないかなと自分では分析しました。

■今後の健康計画
ごはんの量を減らすというのは、正直かなり辛かったです。ごはんを少なくしてもおかずをその分食べたりはするんですけど、どうもおかずだけだと美味しさに欠けるというか、しょっぱいというか、とにかくごはんを減らしたらおかずを大量に食べるって程でもありませんでした。ちょっとおかずの量が増えたってくらい。そういう食事に慣れるのには、半月はかかりましたね。1ヶ月経った今はもう、おかわりの欲求がストレスになってるってのは無い感じです。ただ「おかわりOK!」と言われれば喜んでしますけど(笑)。

ダイエットはひとまず終了しますけど、ごはんは引き続き控えめでいこうかな? ごはんの食べすぎによる糖尿病も怖いですからね。どちらかというと理由としてはそっちの方が大きい(苦笑)。以前のダイエットじゃごはんを控えるのに失敗して今回は成功したのは、“糖尿病リスク”ってのが大きかったですもん。

運動は気が向いたら朝のジョギングをしようかな? 毎日はちょっと大変。それから職場の昼休みでは駐車場で同僚とキャッチボールをやってます。草野球再開に向けて着実に動きはじめています。

草野球チームは来年春には本格始動をしようかと計画しています。ただ、始動といっても中年が集まって休日に汗を流して野球を楽しむことだけを目的とするチームですけどね(笑)。そんなんでも、僕くらいの歳の男たちが健康になれるんなら、やる価値は大いにあるってもんです!

草野球再開しようか?

ダイエットにもなるし子どもも喜んでくれるから一石二鳥だと思っていた少年野球教室のコーチでしたが、もうあと2回ほどで契約終了です。

ま、契約なんていっても大層な契約じゃないしボランティアですから引き続きやりたければいくらでも可能っちゃ可能なんですけどね(笑)。人では足りてるみたいですけど、いくらあっても困らないし楽しいみたいですからね。僕としてもそれくらいの方が助かります。あんまり「抜けないでください!」なんて強く引き止められちゃうほどだったら、僕も責任感が芽生えちゃって純粋に楽しめなくなっちゃうし(苦笑)。

でもちょうど予定していたダイエット期間の2ヶ月も終わる頃なので、一度抜けさせてもらおうかな? 冬頃にまた再開できればいいかなと思ってます。その時までまだ子どもがチームに所属していればの話ですけどねっ(笑)! 如何せん興味の幅が広いといいますか、飽きやすい子なもんでして。今既にバスケットに興味を示していて「庭にバスケットゴール置こうよ~」って言ってる始末。あ~あ、絶対僕の『スラムダンク』を読んで感化されてるよ~(笑)。

■生涯スポーツ
僕もかみさんも身長は低いし、子どもも多分身長はあんまり期待できないと思うんですよね。170台前後がいいとこじゃないかな? だから仮にバスケットに興味が沸いたとしても先は難しそうだ(苦笑)。だったら僕も大好きだし低身長でも活躍できる野球の方がって思っちゃいますけど、そこは子どもの選択が優先ですね。

子どもが野球に興味を無くしてきているかどうかは分かりませんけど、僕が野球熱再燃してきているのは確かです。先日職場で「ダイエットも兼ねて野球教室のコーチをやっててさぁ」なんて話題で盛り上がったことを切欠に、同僚から「草野球でもやろうか~」と誘いを持ちかけてきたのでした。

悪くないなって思いましたね。今回のダイエットの後はちょうどスポーツでも再びはじめたいと思っていたところですから。サーフィンの気持ちは強かったんですけど、よく考えたら今住んでる埼玉に海なんか無いし(笑)。昔は海近くの実家に住んでたから気軽にできたけど今は無理だ。スノボも好きだけど、冬季限定。となると草野球が理想。1人じゃできないから難しいと思ってたけど誘われて話がとんとん拍子に進めば別です。

草野球かぁ…… また昔みたいに休日の朝から夕方まで白球追いかけてさ、日が暮れたら夕食ついでの飲み会なんていう楽しい1日が送れるのかぁ……。体は動かせるし、飲みすぎさえ気をつければ健康にも良いでしょうな。40代、50代、60代にもなっても続けていきたい生涯スポーツだ。

久しぶりのプール

今日は少年野球の練習試合でした。いつもは代理コーチとして練習を手伝ってますけど、今日はサードの塁審役でした。

塁審なんてやるのは20代の時の草野球チームの練習試合以来です。人手が足りないので頼まれてしまったのですが、緊張しまくりでした(苦笑)。最初は三塁なんて滅多にランナーがこないから緊張は少ないだろうって思ってたんですけどね、いざ来ると得点に絡んでくるので責任感は大きい! 自分で選べたからセカンドの塁審にすれば良かったかも。ま、何のトラブルも無く終えられたので良かったですけど。

少年野球教室では練習試合で塁審をやっただけなので、暑さで大汗をかいたという以外は疲れるポイントは無く、また体もほとんど動かしませんでした。なのでダイエット運動的にはかなりの不完全燃焼でした。なので大汗をかいた体をリフレッシュさせる意味もこめて午後は子どもとお友だちを連れて市民プールに行ってきました。

子どもは自由に遊ばせて僕は久しぶりに泳ごうって気持ちだったんですけど、意外や意外、市民プールは家族連れて大賑わい。夏休みも残り数日。みんな遠出を嫌って近場の市民プールに集まっちゃったんだろうなぁ。残念ながら満足に泳ぐことはできませんでした。

■残念な閉館
ただ、高齢者向けの水中ウォークエリアは開いていたので、そっちで体を動かしました。水中ウォーキングの運動量も中々侮れないもんですからね。

今日は満足に泳げませんでしたが、次は平日の仕事終わりの人が少ない時間帯にでも顔を出して泳ごうかと思ったのですが、非常に残念なことにそのプールはあと数日で閉館とのことでした。混んでいたのは残り僅かのプールを地元民が惜しんでってのもあったのかも。閉館の理由はお金的な事情みたいです。今日は凄い混んでましたけど、普段は少ないので施設を維持するのが難しくなってしまったようですね……。

この市民プール、2年前のダイエットの際には非常にお世話になった場所だっただけに僕も残念。料金は安いし、併設の銭湯もあったり飲食施設もあったりと。その気になれば休日1日そこでのんびりなんてのも可能な良いスポットでした。2年前から人は少なめでのんびり泳げるということで、僕みたいな働くお父さんが仕事帰りによく利用してたなぁ……。うーん、実に惜しい!

なんで娘は太らないんだろうなぁ?

いくら食っても太らない! って人が世の中にはいますよね? 有名なのは大食いファイターさん。小林さんとか、白田さんとか、目茶目茶食べるのに体型は細型ですもんね。彼らは人間としての正常機能が何か吹っ飛んでるんじゃないのかな(笑)?

で、ダイエットをしているとそういうタイプの人が凄い羨ましいわけですよ! そして僕のすぐ近くにもそういうタイプの人間がいるんですよね。それはうちの中3の娘です。

娘の1日の食事は1日4食かってくらい、昼間のおやつをたっくさん食べます。朝昼夕と、普通の食事はそれなりに食べるんです。その上でスナック菓子やらチョコ菓子なんかをパクパク食べてます。うちの娘に限っては「お菓子ばっかり食べてると夕食食べられなくなるよ!」っていうのが無いんですよ。

お菓子が大好きになったのは今に始まったわけではなく、もう小学生3、4年生ごろからずっと。今でも「お菓子ばっかり食べて!」ってかみさんがしょっちゅう注意するんですけどね、相変わらずです。うちは寝室で食事をするのを厳禁にしてるんで居間か外で食べてる意外は大丈夫だと思うんですけど、それだけでも結構食べてるって量ですからね。

■太らない体質に憧れちゃう
しかしそれだけ食べているにも関わらず、太らない。若い頃のかみさんに似て華奢な体格です。唯一かみさんと似てないのは食べても太らないってところ。かみさんは食べれば太る(笑)。

健康も今のところ問題なし。肌荒れが酷いとか、虫歯が酷いっていうのは今のところ無いみたい。ただ、そういうせいで危機感を感じてないっていう問題はあるかなぁ。今が大丈夫でも10年後20年後が怖いですもん…… そういう不安を考えると、お腹が空いて何かを口にしたいのであればお菓子じゃなくて健康的なものを食べてもらいたいもんです。

と、お菓子大好きな娘に心配を感じると同時に、全然太らない体質が羨ましくも感じちゃうわけです。体質の違いなんでしょうかねぇ? 逆に食べる量を減らしても全然痩せないって人も稀にいるみたいですもんね。そういう人はもっと羨ましいんだろうな。

食べても食べても太らない遺伝子とか、将来絶対開発されそう。そしたら世の中に太ってる人はどんどんいなくなって、“ダイエット”なんて言葉も死語になっちゃうかもね(笑)!

ごはんはおかわり厳禁!

ごはん大好き! 最後の晩餐はただの塩おむすびでも良いってくらい。やっぱり日本人の食卓にはごはんが欠かせない! ……でも、以前書いたように“ごはん抜きダイエット”ってのがあるくらい油断できないものでもあるんですよね。そこで今回のダイエットも残り半分に入ったことだし、前半まずまずだった結果を反省する意味もこめ、ごはんのおかわりを禁止することにしました!

「好きなものを我慢してまでダイエットはしたくないよ!」なんてことを以前言ったかと思うんですが、調べてみると、ごはんの食べすぎは太りやすい以上に怖いリスクがあるみたいなんですよ。それは糖尿病です。何でも白米を食べ過ぎると糖尿病のリスクが高まるなんていう研究結果も出ているみたいなんですよ。怖い……。

詳しい理由までは説明できませんけれども、白米、つまりごはんは糖分を豊富に含んでいます。そして血糖値が上がりやすくなるため、糖尿病になりやすいとか……。事実、白米を主食とするアジア人の糖尿病発症が近年問題となっているともどっかのニュース記事で読んだことあるなぁ……。

とまぁ、ごはんの食べすぎによる怖い将来を不安に思ったため、ダイエットという良い切欠もあることから食べる量を減らそうじゃないかと思い改めたというわけです。

■糖尿病は怖し!
太る太らないってのは、度を過ぎなければ許容範囲なんじゃないかなって思えますけど、糖尿病ともなるとやっぱ考えさせられちゃいます。僕の周りじゃ幸い糖尿病で悩んでいる人はいませんけれども、知人の親であったり友だちといったところでは糖尿病で辛い思いをしてるというのはこれまで耳にしてきました。避けられるものならば避けたい病気です。

ごはんを全く食べない! っていうのもまた色々と体に良くないわけで、当面は大き目のお茶碗一杯(量にして250g位)を1食分にしようと決めました。朝はそれよりも少なめで、200g位かな。後は職場でのお昼のお弁当や外食でいつも「ごはん大盛り」を避けるようにしました。

普通の白米ではなく、玄米にすると糖尿病のリスクはぐんと下がるみたいです。理由としては、玄米には精米によって落とされてしまう部分に糖分の消化吸収を遅らせる栄養成分が豊富に含まれているんだそうです。なので、そっちもいずれはチャレンジしてみようかな? ただ、大麦の時みたいに食感や匂いが駄目で失敗しそうな気がするけど(苦笑)。

10代20代の時なら体型優先でダイエットをしても大きな問題にはつながりにくいんだろうけど、もう30台は後半、40手前ですよ。歳相応の健康を気遣ったダイエットプランも立てなきゃ駄目なんだろうなぁ。「好きなものをたくさん食べても動けばOK!」なんてわけにはもういかないか(苦笑)。

1ヶ月目の成果は…まずまず!

気が付けばダイエットをはじめてから1ヶ月が経ちました。2ヶ月で6kgという目標こそ立てていましたが、時間や体重の減りを逐一気にすることなく暮らしていたので1ヶ月終えたという中間地点を忘れるところでした。

体重の変化は、ダイエット開始前から比べて約2.5kg減りました。2ヶ月で6kgという計算では1ヶ月に3kg落とさなければいけませんので、目標という観点から見ると残念な結果です。ですが、絶対的な目標ではないのでまずまずの結果ではないかと自分では思っています。体力は付いたし、見た目にはまだまだこれからって感じですけど体重はしっかりと落ちていることですし。ちなみに体脂肪もちゃんと落ちてます。

1ヶ月間のダイエットの反省点としては、食事かな? 僕は2年前のダイエットを機にお酒もタバコも量を減らしたんですけど、お酒の方がまた頻繁に口にするようになり、おつまみもよく食べるようになりました。なるべくローカロリーなおつまみを心がけてはいるんですけど、僕はピーナッツが大好きなのでしょっちゅう食べてしまいます。バターピーナッツでもあれば50gで約300kcalと非常に高カロリーなおつまみとなってしまいます。家飲みの際はついピーナッツに手が伸びるのを防がないと駄目だなって思います。

■ダイエットも折り返し
目標をクリアするためには残りの1ヶ月で3.5kgを落とさなければいけないのですが、それはあまり意識せずにダイエットに励もうと思います。プレッシャーは好きですけど、ダイエットでのプレッシャーはストレスにしかならないので僕は嫌ですから(笑)。

でも1ヶ月目の反省点はしっかりと踏まえて改善はしないとなと思います。先述したようにピーナッツを控え、そもそもの家飲みもしばらくは控えようかと思います。真夏のビールをどれだけ我慢できるか望み薄ではありますが、可能な限りがんばります(苦笑)。

運動関係は引き続きって感じですね。ただ、あと1週間ちょっとで子どもの夏休みが終わってしまうので一緒に朝ジョギングができなくなっちゃうんですよね。子どもは「学校始まったら朝ジョギングはしんどいかも!」って言ってますから。それはそれで仕方ないので無理に一緒に走ろうとは言えません。野球教室でのコーチの方は日曜日なので、これからも続けられます。

問題は1人で朝ジョギングできるかってところですね。1人だと続かないと思うんだよなぁ(苦笑)。対策としては夕方に子どもと走ったりキャッチボールしたりだけど、僕の帰りはいつも夕食ギリギリだから遊ぶのは難しい。昔みたいにプールやジムっていう手もあるけど、結局は休日か週末ぐらいしかいけないし。やっぱり朝のジョギングを1人でがんばるっきゃないかなぁ?

かみさん指摘の僕の悪い食べ方

食事の時にこれまで何度もかみさんに指摘されてきました。「ごはんを食べすぎ!」って。そうなんですよねぇ、僕はどんぶり飯は当たり前、その上おかわりだって当たり前の“白米好き”なんですよ。

白米好きの何がいけないかって、食費がかかるからってわけじゃありませんよ。うちはそこまで貧乏じゃありません。そりゃお金持ちって程ではないけど世間一般水準だとは思うし、僕とかみさんが1台ずつバイクを所有してるくらいだし、2人の子どもが今後大学に行きたいって言ってもお金はあるし…… って、そんなことはどうでもいいことか(笑)。白米好きがいけない点は、太りやすい食事だからです。

僕がことあるごとに太ってしまう理由の隠れた理由は、この白米好きなんじゃないかってくらい。ごはんは100gで168kcal。僕は毎日どんぶり飯で食べているので、おおよそ1杯で250gくらい。おかわりもよくするので多い時は1食のごはんだけで500g。カロリー数はなんと840kcal! 一食分のごはんだけでこれです! こんなごはんの食べ方を1日数回も繰り返しては1日の目安とされる約2500kcalなんてあっという間です(苦笑)。ファーストフードやら外食なんかが高カロリーと言われてますけど、白米も意外とダイエットには大敵な存在なんですよ。

■好きなものは好き
そんなことは前回(2年前)のダイエットで学んではいたんですけどね、ごはんを食べる量を控えるのは一番大変でした。正直いうと、これだけは挫折しました。大好きなごはんを食べられないとストレス溜まっちゃって(苦笑)。

自分なりに努力はしたんですよ? 例えばかみさんの小さいお茶碗を使ってみたりしました。男性用が150gが平気であるのに対して女性用のお茶碗は110g。どんぶりから比べたら半分以下です。これで慣れてしまえば1食のカロリー摂取を大幅に減らすことができます。でもまぁ上手いこといくわけが無く、少なすぎるごはんの量に2、3日で我慢できなくなりました。

麦飯という手も使ってみました。大麦は米に比べてカロリーが控えめなので混ぜて食べるとダイエットに良いみたいなんです。おまけに歯ごたえがあるのでよく噛む必要があり、そのお陰で食事がゆっくりとなって摂取量を減らせる…… みたいなんですけど、プチプチした食感と独特のにおいが慣れずに1回試してお仕舞いでした。

今回のダイエットでもかみさんにごはんの食べすぎを指摘されているのですが、前回はごはんをお腹いっぱい食べてても痩せられたんだし、今回も大丈夫だろうと山を貼ってます。「ダイエット意思が弱いなぁ」なんて思われる方もいるかも知れませんけど、辛くてダイエットそのものが頓挫しちゃうかもしれないリスクを背負ってまでごはんは我慢したくないんですよ、僕は。

1日3時間のコーチも慣れてきたなぁ

週末は土日連続で少年野球のコーチをやってきました。本当は土曜日は休日出勤だったんですけど、「あんまり忙しくないから休んでもいいよ」ってことになったのでした。お陰で2日連続思いっきり体を動かせました。

で、休みが明けた今日は疲れが貯まって悪影響がでるかと思っていたんですけども、筋肉痛も無ければ朝の倦怠感も無し。意外にも疲れは残ってませんでした。むしろスッキリとした目覚めで、子どもと元気に朝のジョギングにも行けました。これまではコーチの翌日は決まって朝起きれずにジョギングはできなかったのに。

「慣れてきたんだなぁ」。そう感じます。まだコーチを始めて5回ほどですけど、思いっきり走ったりノックをしたり、遠投したりしても体の何処かが異様に辛いという場面はなくなりました。もちろん無茶をすれば体が悲鳴を上げちゃうとはおもいますけどね、無茶をしなければ大丈夫です。

思いのほか慣れるのが早かったなぁと思えるのは、やっぱり子どもとの朝ジョギングのお陰でしょうね。毎日というのはちょっと無理ということで2日走っては1日休むというペースが定着化しましたが、それでも十分な運動量になってるはずです。

■体力が付くとダイエットが楽しくなる!
体重計に乗ってみると確実に数値が落ちてきていますが、見た目的にはどうでしょうね? まだ誰からも「痩せたね」とは言われていないので変化は少ないかも。なので痩せてきたという実感はまだいまひとつなんですけど体力に関してはダイエット開始、つまりは野球教室のコーチをはじめる前と比べたら大きく身に付きました。

昨日の日曜日なんかは、9時から12時までの3時間の野球練習の後に監督やコーチ集、保護者のお父さん方が集まって草むしりを行いましたし、その後に休憩を挟んで草野球も軽く楽しみました。それくらい体力が付いたって証拠です。しかも先に書いたように、翌日の今日に疲れは残しませんでした。

体力が付いてくるとダイエットはどんどん楽しくなるんですよね。前回もそんな感じでダイエットペースをあげていったっけ。体力が付くと疲れにくくなる分、どんどん動きたくなります。特に太ってだらけていた時というのは疲れやすくて動きたくなかったというのがストレスとして蓄積されていますから、少しでも動けるようになると嬉しくて楽しくて仕方なくなるんですよ。

知り合いに去年から今年にかけて110kgから85kgまで痩せた人がいるんですけど、彼もそんな感じでした。彼は歩くことが精一杯だったのに少しずつペースが上がることが楽しくなっちゃってどんどん痩せてしまったタイプです。ちなみに彼はいまだに体重が落ち続けています。

子どもの運動力って凄いなぁ

少年野球のコーチをはじめて思ったのは、子どものウン動力の凄さってのが一番ですね。小学生くらいでも、僕みたいなダイエットが必要な大人と比べたらどっちの方が運動能力に優れるかってなれば、正直負けちゃう子がチームには何人もいます。

思い返してみると、僕が小学生の時は逆の立場だったんだよなぁ。僕が少年野球をやっていた頃も、チームの子のお父さんがコーチを頼まれて参加していました。中にはいかにも運動不足っていう感じの太っちょお父さんもいて、野球は好きなんだけどからっきし動けないってのもいました。そんなものだから、言うことにも説得力が無かったりしてみんな真面目に話を聞かなかったりもしました。

僕はまぁ、コーチをしているといっても手伝い程度だし、口うるさく言うのは好きじゃないから子ども目線で楽しんでやってます。だからチームの子も積極的に接してきてくれます。幸い、そういう交流は僕も好きだから全然嫌じゃない。

でも、子どもの運動力と自分の運動力を比べて自分が劣っているとなると、情けないとは確かに感じちゃいます。だって子どもの頃は一時とはいえ「プロ野球選手が将来の夢!」という時期があったんですからねぇ。まさか30も後半になってダイエットに必至になっているとは当時想像もしませんでしたよ(苦笑)。

■体が軽くなったら
子どもが元気で活発で運動が得意なのって、一番は体重の差なんじゃないかと僕は思います。だから僕も体重を落とせば小学生の頃みたいにというのは無理にせよ、体を動かすことが楽しくなるくらいにはなるはずだと思うんですよね。

今はほんとダイエットという切欠でもなければ体を動かさなければと思うことも無い状態ですけど、昔はスポーツが大好きだったんですよ。高校から大学にかけてはサーフィンをに熱中してたし、大学からはスノボと草野球もはじめました。でも20代中盤になって今のかみさんとの結婚を考えるようになり、趣味を減らさなきゃとなり、サーフィンもスノボもやめちゃいました。草野球はしばらく続けましたが、そのうちやらなくなりました。

それで結婚してからは仕事に子育て、今はようやく余裕ができてきて一番の趣味だったバイクでのツーリングもちょいちょい楽しめるようになったけど、運動って機会には恵まれず。サーフィンやスノボの友だちもみんな疎遠になっちゃったからなぁ。

でも、ダイエットを必要とするくらいに健康を気にするようになって思うようになったのは、体を動かす趣味を持つことって素晴らしいだろうなってこと。だから今回のダイエットが成功して体が軽くなったら、またサーフィンかスノボ、草野球でもまたやりたいもんですねぇ。体が軽くなれば絶対に昔みたいにスポーツを楽しみたくなるはずですから。

暑い日の運動もダイエットも危険

今日は平日休み! だったんだけど、子どもの少年野球教室で汗をかいてきました。世の学生たちは夏休み中。「平日休みだー!」と喜んだところで子どもは当たり前に1ヶ月以上も学校が休み。いつまで経っても羨ましくてたまんないよ(苦笑)。

しかし今日は異様に暑かった! 全国各地で40度越えが懸念されていたくらいでしたからねぇ~、僕の住む埼玉でも余裕の40度越えを各地で記録したみたいです。僕は暑いのは好き! でも暑い中で運動するのは好きってわけでもないっす。すぐに頭がくらくらしちゃうし、喉も渇いて脱水症状が怖いです。今日も保護者さんが用意してくれたスポーツドリンクや麦茶をがぶ飲みしちゃいました。

さすがの暑さに大人が音を上げたのか、「今日は体育館で練習をしましょう!」と、途中から切り替わりました。子どもたちは大喜び。体育館で練習ってのはつまり、ドッジボールってことだから(笑)。

夏はこういう趣向を凝らせることが多いみたい。体育館でドッジボール以外にも屋内フットサルコートをレンタルしたり、市民プールに行ったりと、暑すぎる日は子どもにも大人にも危険ということで無理をさせないのがこの教室のモットーみたい。

■汗をかけばいいってもんじゃない
これまで見学は何度かしたことがあるけど、コーチを始めてみるとホント楽しい教室だなって分かってきました。僕が小学生の時にもこういう野球教室に通いたかったなぁ……。

僕が小学生の時に通っていた少年野球は、どんなに暑い日だって普通に練習してましたからね~。そりゃたまにバーベキューをやったりキャンプをしたりというイベントはあったけど、辛い時は辛かった。あんまりにも暑い日なんかは友だちと一緒に練習をサボって日陰でこっそりしてたりもした。で、それがバレて鬼コーチにどやされてケツバット。それはそれで楽しい思い出ではあったけど、鬼コーチにはやっぱ怖かった記憶しかないなぁ(笑)。

昔、つまり僕が小学から中学、高校あたりの時代だから20~30年くらい前は暑さが重大な問題になるって頃じゃなかった。でも今は暑さが酷い日には地区放送で「屋外での活動は控えましょう」ってアナウンスされるのが当たり前。会社でも学校でも暑い日には無理をしないが基本。そういえば去年かみさんがバイクの教習を受けてた際も、教習所で暑さ対策の休憩や水分補給なんかが自由だったなぁ。

暑いから休むってのは一見すると怠けっぽいけど、危険を避けるためには必要なことだよね。ダイエットだって汗をかけばいいってもんじゃないし。知ってました? 夏って汗を大量にかくからダイエットに向いてると思われがちですけど、冬の方が体温維持のためにエネルギーが使われるから痩せやすいんですよ~。ダイエットするには冬の方がオススメ!

でも、今僕がダイエットしてるのは真夏だけどねっ!