結婚とダイエットの現実

■結婚の理想と現実

結婚をしていない女性は、結婚に憧れ、

結婚している女性は、していない女性を羨み、

結婚していない男性は、結婚を恐れ、

結婚している男性は、結婚に縛られる。

こうして考えると、結婚に対して「良いイメージ」を抱いているのは、 結婚していない女性だけ。
あとはたいてい結婚という形に、何かしらの枷を感じている。

未婚女性は、そんな現実が待っていることを頭では理解していながら、
それでも結婚したいと望むのはなぜなのか。
また男性も、結婚を重荷に感じつつも結婚するのはなぜなのだろう?

■未婚者への結婚プレッシャー
男性も少なからずあるだろうが、特に年頃の未婚女性に対する
結婚に関するプレッシャーは、半端ではない。

家族はもちろん、友人、親戚、近所の人など
知り合いの人すべての人から与えられるといっても過言ではないだろう。

たとえ誰も何も言わなかったとしても、世間から「負け犬」扱いされる
適齢期を過ぎた女性は、肩身が狭い思いをしてしまう。

実は私もその一人なのだが、この社会的プレッシャーがなければ、
こうまで結婚を望まないのではないかと思うことがある。

挙句の果てには家族から心配され、「婚活でもしてみろ」と言われる始末。
先日もお見合いパーティーin横浜と言う婚活パーティを勧められた。

彼氏がいて、打ち込める仕事があって、
そこそこに贅沢が出来る独身生活のどこが悪いのだ、と。

でもやっぱり、会社帰りに一人で食べる外食や
一人暮らしの部屋で食べる食事を目の前にした時、寂しい気持ちになってしまう。

これは、温かい家庭に憧れるこそ。 愛する夫がいて、愛する子供がいて
愛する家族のために食事を作り、洗濯・掃除をする。

そんな生活に憧れがあるから結婚を望むのだろうか。

■ひとりでは生きていけないから
どんなに仕事が充実していても、
どんなに贅沢な生活をしていても、
結局は人はひとりでは生きていけない。

「彼氏」のままだと、一生一緒に生きていけるという保証がない。
だから、結婚を望むのかも知れない。 他の独身女性がどういう理由で結婚を望むのか
それは分からないけれど、
少なくとも、30代にもなれば純粋な憧れからだけで結婚を望む人は少ないだろう。

そんな女性を彼女に持つ男性がもしいれば、
その女性の気持ちをぜひ汲んであげて欲しいと思うのだ。